トップ >> 家族葬で落ち着いた葬儀を

昔ながらの家族葬について

現代では、今風の葬儀ではなく、昔ながらの家族葬がしばしば行われています。通常の葬儀は、知人友人や近所の人など、多くの人が葬儀に参列するなど、遺族は故人をしのぶ間もなく応対しなければなりません。悲しみや寂しさを紛らわす利点もあるかもしれませんが、落ちつく間もないのも現実です。こうしたことと反対の葬儀が家族葬です。地元では、この葬儀が主体でもあり、本当の身内だけで葬儀を行うだけで、落ち着いた感じで故人を送ることが出来るので、気持ちの整理もつきやすいのです。

一般的な葬儀の特徴について

葬儀は、個人の立場や状況によって大きく異なります。地域社会での生活がメインであった人は、自宅や地域にある専門の会場やホールでそれを行います。その後の火葬も地域にある施設で実施します。他府県から葬儀に来る人がいる場合は、交通の便や参列者の経済的な負担を考えて場所を決めます。都市部で行う事が多いです。そのため、費用は地域で済ますよりも多くかかります。人が亡くなった後、遺族はショックからスムーズに次の行動ができないケースが少なくないです。事前に家族で話し合っておきましょう。

日本の葬儀の情報