トップ >> 葬儀と人の命について

葬儀への心の準備とは

人の命とは儚いものである。たまに葬儀に参列する機会があると、そんなことを考えたりする。人生五十年、夢まぼろしのごとくなりと言ったはかの信長であったか。人生ちょっとした事故であっという間に息を引き取ることもあります。突然のお葬式となれば、喪服を用意し通夜があり幾万円かの費用が必要となり…とにわかに慌ただしくなってきます。普段から周到に準備がしてあるのもそれはそれで不自然ですが、いざそれががやってきたときのために、形式や進行をどうするのか葬儀社に事前相談をしておくのも悪くないことなのかもしれません。

人の生き様は力強いもの

葬儀で思うことは命の儚さですが、普段の生活では逆のことを思うこともあります。人はなんとたくましいのだ、なかなかどうしてしぶとく生きていくものだと。特に、大切な家族を守るとき、愛する人のために行動するときは、いつもの生活からは考えられない力を発揮することが可能となります。自分から死を選ぶこともまた難しいもので、いくら人が理性をもった生き物といえど、本能には抗えないものだと思ったりすることも。死による葬儀という結果も、本人からすればありとあらゆる手を尽くしてもがきにもがき抜いた末のことなのかもしれません。

日本の葬儀の情報