トップ >> 葬儀に参列する際のマナー

参列者としてのマナー

葬儀の喪主となれば決定すべきことと事務作業に追われて大変ですが、それに参列する立場であっても、気を付けなければならないことがたくさんあります。喪服は無難なものにして黒で固め、香典を用意し熨斗袋に入れ、弔辞を述べる際には忌み言葉を避ける。こうした細かい形式を守ることで、厳粛な葬儀の場が成立するのです。亡くなった方の苦労をしのんでその魂を鎮め、遺族の悲しみをほんの少しでも和らげるためには、色んなマナーを身に着けておく必要があります。失敗して後の悔いが残るようなことのなきように、勉強しておきましょう。

葬儀で人が集まる意味

葬儀に参列者として遺族の悲しみを和らげるなどと軽く申し上げましたが、それは並大抵のことではありません。いくらお悔やみの言葉を数限りなく献上したところで、近しい人の死による心の傷を癒すなど専門家でなければままなりません。しかしだからといって、何もしない、何も言わないのが正しいというわけではありません。仮にどんな言葉も届かないとしても、その場に一緒にいることだけで何かしらの救いになることもあります。葬儀は形式を守る厳粛な場ですが、たくさんの人が集まるというそれだけのことにも意味があるのではないかと思っています。

日本の葬儀の情報